手を抜かない生き方

 本校の卒業生でテニス部の大先輩に、堀晃大さん(36歳)がいます。NTT西日本ソフトテニス部監督です。今年、日本リーグで優勝して前人未到の10連覇を成し遂げました。彼は一つの言葉を心に刻んで練習に励み、指導に当たっています。それは中学時代にテニス部監督から言われた「自分が持っている力を、今日惜しまずに出し切れ」という教えです。人間の心の中には、よい望みと悪い傾きが共存しています。努力して向上したいという望みと、怠けたい、楽をしたい、嫌なことを先送りしたいという誘惑です。自分の中に「よい自分」と「悪い自分」がいて、対立しています。この戦いに負けると堕落します。勝てば成長します。心の中の勝負に人生が懸っているのです。あらゆる瞬間が戦う機会です。すべきことを今するのか、後回しにするのか。義務的に果たすのか、意欲的に果たすのか。各瞬間、その人の生き方が試されています。寒くても決めた時間通りに起きる。時間通りに仕事や練習を始める。仕事を終えたらサッと次の活動に移る。このように、怠惰やわがままに負けない強い心をつくり上げる必要があるのです。

 また、人生には逆境もあります。先日、バトミントン世界一位の桃田選手が交通事故に遭いました。周囲から金メダルが期待され、寸暇を惜しんで練習したい時期です。でも、出来ません。そんな時、落ち込んだり諦めたりせず、出来ることを全力ですることです。それは健康を回復することかもしれません。彼は不祥事で試合に出場できない期間、有り余る時間をすべて練習に励み、今の自分をつくり上げました。また競泳の池江璃香子選手は、白血病が見つかり東京オリンピックを断念しました。しかし、たとえ練習ができなくても、日々持てる力を出し切って戦っています。それは闘病とリハビリです。何があろうとも日々、全力を尽くすこと。けっして手を抜かないこと、それは神の望みに応える生き方でもあります。「今日、この瞬間、力を出し切ろう。明日は来ないかもしれない」。■
*2020/01/17 精道三川台高等学校1・2年生、朝の説教より

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント